認知の記号論

我々には五感というものがあります。

 

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の感覚器官です。それぞれの感覚から得られた情報は脳に伝わり、その情報は我々自身の行動に影響しています。

 

その情報は膨大な量なのですが、全ての情報を脳は受け止めているわけではありません。例えば何かに集中しているときに、音が聞こえなくなったり、頭にかけてある眼鏡に気づかなかったり、自分の部屋の匂いに慣れて感じなくなったり、情報は欠けたり、影が薄くなったりするのです。

 

五感のうち、視覚は情報量が多く、人の思考に最も影響を与える感覚器官です。視覚情報も全て見たものが、脳に情報として入るのではなく、興味があるもの、危険なものなどが優先的に情報となり、関心のないものは見ているのに気づかない、ということが起きています。

 

膨大なデータを処理するのには無理があり、脳の情報処理はとてもよくできていて、全ての情報ではなく、必要な情報のみを抜き出すのです。

 

例えば自動車の運転で考えてみましょう。1トン以上の物体を時速数十キロで動かす自動車の運転は、瞬時の判断を誤ると大事故を招きます。しかし我々は歩行者に注意し、信号や標識を確認し、近くを走る車に配慮し、事故を起こさずに運転を行うことができます。高速で移動する物体の中から見る光景は、激しく移り変わり、脳に入る視覚的情報は多いのに、我々はその中から、運転に必要な情報のみを選んで認識するという情報処理を行っているのです。

 

この必要な情報のみを脳内で処理するという認識の特性は、人間が美しいと感じる感覚を分析するときにも、役に立つ説明になります。

 

例えば街中で若くて美しい女性を見て、綺麗な人だなあ、と感心したとします。この場合、視覚的に得られる情報は、実は都合よくまるめているのです。均整のとれた四肢、綺麗な肌、目鼻立ちの整った顔、笑顔、髪型などを大雑把に記号として認識しているのですが、肌の傷跡やニキビ跡などが、認識の中では省略されてしまっているのです。

 

美人は三日で飽きるといいますが、これは飽きるというよりも、一緒に暮らすと見えていなかったところに気づいて、今まで記号的に抱いていた幻想が壊れてしまうといったほうが正しいでしょう。

 

 f:id:toshihiko-w:20201220095730p:plain